面接では身なりにも気を付ける
面接では身なりにも気を付ける

会社によって異なる面接の回数

採用までに1度しか面接がない会社もあれば、一次、二次、三次、最終と何度も面接を受けなければならない会社もあります。一般的に規模の大きな会社ほど回数が多く、ハードルが高くなります。1度しか面接がない会社というのは、面接官が採用の決定権を持っています。採用されると上司となる人や、社長自らが面接官となる場合が多いでしょう。比較的規模の小さい中途採用で見られるケースです。新卒採用では、まだ配属先も決まっていないことが多いので、1次だけで終わることは少ないと言えます。

中途採用であっても、上場企業などは、決定権を持っている人がいきなり面接することは少ないでしょう。まずは人事担当者、次に配属予定の部署の上司、最後に役員、というような感じで複数回行われます。まずは一次面接をクリアしなければ次へ進めませんので、そこに集中することになります。一次面接では、基本的な常識やマナーが身についているかどうかが見られています。言葉遣いや身だしなみ、態度などです。簡単に思われるかもしれませんが、普段から言葉遣いが乱れている人は、簡単にぼろが出ます。相手の目を見て、しっかりとした言葉で、聞かれたことに適切に答えられるかどうかがポイントです。

話題の求人。深く知るならココをブックマークしましょう

Copyright (C)2017面接では身なりにも気を付ける.All rights reserved.