面接では身なりにも気を付ける
面接では身なりにも気を付ける

意地悪な面接官でも冷静に

面接の雰囲気や聞かれる内容は、どの企業でも似たり寄ったりだと考えている人も多いことでしょう。確かに面接で聞かれる内容は似通っています。志望動機は必ず聞かれますし、退職した経験のある人は退職理由も聞かれます。これは人を採用するにあたって必ず聞かなければならないことですから、当然ともいえるでしょう。しかし最後まで似たような雰囲気で終わるとは限りません。面接官も人間で、いろいろな人がいますので必要以上にフレンドリーな態度で接してくる人もいれば、つっけんどんで横柄な態度をとる人もいます。

わざと意地悪な質問をしたり、挑発するようなことを言ったりして、面接に来た人をまるで怒らせようとしているかのような態度をとる人もいます。一般的に圧迫面接などと呼ばれています。面接を受ける人が、圧迫感を感じるからです。単に担当者の性格、というケースもありますが、多くの場合、面接を受ける人を試しています。会社員になると、嫌な上司のもとに配属されることもあれば、同僚とそりが合わないこともあります。そんな時、いちいち感情的になったり、相手と喧嘩したりしていては、仕事など勤まりません。感情をコントロールできるかどうかを試されているだけですので、冷静に対処すると良いでしょう。

話題の求人。深く知るならココをブックマークしましょう

Copyright (C)2017面接では身なりにも気を付ける.All rights reserved.