面接では身なりにも気を付ける
面接では身なりにも気を付ける

就職と転職とで違う面接

就職そして転職と仕事に採用されるための面接にはコツやポイントがあり、まずは就職や転職の大きな違いというのも知っておく必要があります。学校を卒業後にする就職では昔は学歴がポイントが高いといわれていましたが、今は学歴よりも仕事に対するスキルということもポイントになっているようです。ですから高校であれば商業系や製造系であったり、大学であれば専門的なものであれば面接でも有利であるといわれています。そして専門学校が今の時代は人気があるのだそうで、就職の面接では専門学校で仕事のスキルがあることで採用される確率が高いです。

また就職に比べて更に仕事のスキルそしてキャリアがポイントになるのが転職で、就職の場合には社会経験など未経験でも新卒で採用されますが転職ではそうはいきません。やはり転職の面接のポイントには仕事のスキルとキャリアをどう活かせるかになり、面接では他の人に負けないアピールポイントがないと採用の文字がありません。また転職では社会経験もあるということからアピール力もポイントになりますので、普通に口頭でずらずらと長いアピールをするだけでは伝わらないので、実績などを数字に表してわかりやすくアピールするのが大事です。
Copyright (C)2017面接では身なりにも気を付ける.All rights reserved.